マッチングアプリで訪問介護員・介護事業所の問題解決!人材を急募したい事業所・高収入を目指す介護ヘルパーさんそれぞれにメリットあり

訪問介護事業所は介護人材の不足という大きな問題に直面しています。

特に訪問介護員の需要は高まっていますが、介護ヘルパーさんは登録事業所からの仕事の依頼がくるまで働けないなどの問題により、離職が進んでいるのが現状です。また、介護事業所も曜日や時間が合わず、採用した介護ヘルパーさんがすぐに辞めてしまったというお悩みも珍しくありません。

そこで開発されたのが介護ヘルパー求人マッチングアプリ「サンキューヘルパー」です。このマッチングアプリを使えば訪問介護事業所、訪問介護員が抱えている問題を解決できます。

ここでは、介護人材が不足している理由と介護ヘルパー求人マッチングアプリについて紹介します。

介護業界で人材が不足している理由は?ネガティブなイメージが大きく関係

wheelchair

介護業界で人材不足が起こっている原因には、社会的背景や介護現場での問題が大きく関わっています。

ここでは、介護人材不足の考えられる原因を詳しく説明していきましょう。

採用が難しい

現在、9割の事業所が介護人材を確保できていません。主な理由は、各業界で人材獲得競争が激しくなっており、特に介護業界は他の職業と比較して労働条件が悪いというイメージがあるためです。

給与が低い

介護業界の平均月給は20万円以下となっており、人材不足を招く大きな原因となっています。訪問介護員の給与は19万円台、正規介護職員でも平均給与は21万円です。他の職業の平均給与が30万円ですので、介護業界の給与は決して高収入ではなく、大変低い水準になっていることがわかるでしょう。

ネガティブなイメージが広まっている

介護職はIT技術が進んでも、人間に取って変わることのできない職業です。しかし、残念ながら「きつい、きたない、きけん」というネガティブなイメージが広まっており、人材採用が難しくなっています。体力的、精神的にきついのに給与などの待遇が悪いと考える人が多く、急募でも人材はなかなか集まりません。

職場で人間関係の問題があり、長く続かない

介護職はチームで協力して行う仕事のため、現場にいる介護職員以外の職種の人とも人間関係を上手に築かなくてはいけません。しかし、上司が若手職員に厳しい、いじめがある、コミュニケーションを上手に取れないといった理由で悩み、辞める介護職員も多くいます。

訪問介護事業所・訪問介護員の現状・問題点は?

訪問介護事業所・訪問介護員には早急に解決しなければならない問題点があります。

それぞれ紹介していきましょう。

訪問介護事業所の問題点

介護依頼が来た時に訪問介護員がいなければ他事業所へ依頼が移るので、常に多くの訪問介護員を在籍させておく必要があります。

しかし、介護依頼は不定期なので正社員を雇うことはできず、人材獲得に常時悩まされている介護事業所が多くあります。

また、訪問介護員の退職等でサービスを提供している利用者様にお断りをしなければならないケースもあります。こちらの問題は退職が決まってから求人応募しても、時間が間に合わない、採用までに時間がかかってしまうといった点が問題です。

訪問介護員の問題点

訪問介護員は、仕事が早くもらえるよう様々な介護事業所に在籍しますが、依頼が来るタイミングがわからないまま待ち続けなければいけません。

依頼が来ても、サービス内容が変わるなどの理由でサービスが終了すれば、収入がなくなってしまいます。

介護ヘルパー求人マッチングアプリで問題解決!急募・高収入求人も多数掲載

Stress-strain-curve

訪問介護事業所を経営している私たちが開発した介護ヘルパー求人マッチングアプリ「さんきゅーヘルパー」は、条件に合う訪問介護員を迅速に探せる、画期的なサービスです。

介護ヘルパー求人マッチングアプリに訪問介護事業所と訪問介護員が登録しマッチングすれば、最短翌日から採用可能となり、急な退職が出た場合でもサービスに穴をあけることなく採用できます。新規の依頼時でも最短1日で、サービス提供場所・曜日・時間・介助内容・報酬に納得して応募する訪問介護員を採用できます。

この流れを介護ヘルパー求人マッチングアプリでスムーズに作ることができれば、訪問介護事業所は売り上げアップへ。訪問介護員はすぐに仕事が見つかるので、空き時間を有効に使うことができます。急募求人や高収入求人も多数掲載されているので、効率よく働けるでしょう。

介護ヘルパー求人マッチングアプリで介護人材の不足を解決!介護職をもっと身近に

高齢化が進んでいる日本では、介護人材の需要が高まっているのに供給が追い付かず、人材不足が深刻になっています。しかし、どんなにIT技術が進歩しても介護は人間にしかできない仕事です。介護業界をより身近に感じてもらい、より働きやすい環境を作っていくことが大切でしょう。

そのような社会問題を解決するために生まれた介護ヘルパー求人マッチングアプリ、「さんきゅーヘルパー」は、これから介護業界に活気を与えること間違いなしです。訪問介護員を募集している、急募求人を掲載したいといった事業所の方、介護職に興味がある方、高収入求人をお探しの方もぜひご利用ください。

コラム一覧

訪問介護員と介護事業所のマッチングアプリならさんきゅーヘルパー

社名 Sunny And株式会社
事業所名 SUNNY’S market (事業所番号 1470903798)
代表者 安藤 慎之介
設立 2018年8月8日 会社設立 2019年1月1日 横浜市訪問介護事業開始 横浜市日常生活支援第1号総合事業開始 2020年1月1日 川崎市日常生活支援第1号総合事業開始 2020年1月1日 高齢者専門引っ越し事業開始 2020年1月1日 訪問介護ヘルパー求人マッチングアプリ「さんきゅーヘルパー」リリース
資本金 1,000,000円
会社所在地 〒223-0062 神奈川県横浜市港北区日吉本町2-10-8
TEL/FAX TEL:0120-972-025 FAX:045-620-5836
従業員数 11人
営業時間 月~金 9:00~17:00(サービス提供時間 月~土 8:00~18:00)
事業内容 横浜市指定訪問介護事業 横浜市・川崎市日常生活支援第1号事業 一般乗用旅客自動車運送事業(介護タクシー) 介護保険外便利屋事業 高齢者専門引っ越し事業 介護アプリ事業
サービス提供地域 訪問介護・介護タクシー事業 神奈川県横浜市、川崎市 等 介護ヘルパー求人マッチングアプリ「さんきゅーヘルパー」 全国
協力業者
  • 株式会社ホマレファースト(産業廃棄物処分・総合建築)
  • 株式会社PSパワーズ 横浜本社(引っ越し・リサイクル)
  • ケア輸送サービスあきやま(大型介護タクシー)
主要取引先
  • 各地域ケアプラザ様
  • 居宅支援事業所様
  • 総合病院やクリニックケースワーカー様
  • 市役所、区役所ケースワーカー様
URL https://www.sunny-and.com/

笑顔の明日を想像し、

今日のありがとうを創造する

アクセス

PAGE TOP