ヘルパーの採用方法や市場規模・採用する際の注意点・コツを解説

ヘルパーの採用方法・注意点・コツを紹介!

介護を必要とする高齢者が増加の一途をたどっている日本では、介護職の人手不足も深刻化しています。採用する際は方法・注意点を把握し、求職者に安心して働ける職場であるとアピールすることが大切です。

こちらでは、ヘルパーの市場規模と採用方法、採用にあたっての注意点とコツを紹介します。

【採用方法】ヘルパーの市場規模と採用方法とは?

ヘルパーの市場規模が大きくなるにつれて、必要なヘルパーの数も増加します。しかし、ヘルパーは決して簡単な仕事ではありません。人手不足になると、1人あたりのヘルパーにかかる負担も増加し、離職率が高まってより人手不足に陥ってしまうでしょう。

ここでは、ヘルパーの市場規模とおすすめの採用方法を紹介します。

【採用方法】ヘルパーの市場規模

人手不足のイメージ

アルバイトを含め、ヘルパーの需要は、年々高まるばかりです。ヘルパーの市場規模と需要について見ていきましょう。

1.日本は「超高齢化社会」で人材不足

「2015年に日本の高齢化率は過去最高の25.1%に達した」というデータがあるほど、今でも加速を続けている日本の超高齢化社会。2025年になると団塊の世代が75歳以上、高齢化率は30%を超えるとの予測もあるほどです。2025年には介護人材が253万人必要となるのに対し、供給見込みは215万人ほどです。したがって、38万人近くの人材が不足すると考えることができます。

2.ヘルパーの人手不足は深刻化

高齢化社会が加速していくのに対し、特別養護老人ホームなどの入所施設は条件が厳しくなっており、施設に入所せずに介護サービスを受けながら過ごす人が増えています。

そうした背景から、訪問介護を行うヘルパーの需要が急増し、人手不足に陥っているのです。これからはさらに高齢化が進むため、ヘルパーの需要が減ることはないでしょう。

3.都心部は問題が山積み

全国的に介護人材は不足すると考えられていますが、都道府県によって差があります。都心部は人件費も地価も高いため、需要に見合うだけの施設を建設し、さらに雇用を確保するのはとても大変です。一方で地方都市は、高齢人口自体が今とそれほど変わらなかったり減少したりする傾向にあるため、介護サービスの供給に余裕が出ると予想されています。

ヘルパーの採用方法

ヘルパーの採用方法について

ヘルパー(訪問介護員)の採用方法は、主に以下の5つです。

1.求人サイト

求人情報が掲載されているWebサイトを求人サイトと呼びます。求人サイトは大きく分けると、さまざまな業界・職種が掲載されている総合型のサイト、介護や福祉に特化した専門のサイトの2種類です。

求人サイトを利用することで幅広い人の求人情報を知ってもらえます。情報収集を行っている段階の転職潜在層やアルバイトとして勤務できる事業所を探しているという人達にもアプローチできるでしょう。また、掲載期間内に複数人数を採用できれば、採用費用が抑えられるというメリットもあります。

2.人材紹介

人材紹介とは、厚生労働大臣の認可を受けた人材会社(職業紹介事業者)が企業からの依頼を受けて人材を紹介するサービスのことです。人材紹介サービスは成功報酬型となっているため、実際に採用が確定するまでは報酬が発生しません。採用の手間をある程度を省けるうえ、良い人材も見つけやすいでしょう。

3.派遣サービス

人材派遣会社が人材を雇用し、企業のニーズに合わせて派遣するサービスです。派遣サービスには以下3つの形態があります。

  • 一般派遣
    派遣の仕事を希望する人が派遣会社に登録し、条件に合う企業で派遣社員やアルバイトとして雇用契約し、働く方法です。
  • 特定派遣
    派遣会社と派遣社員が正社員と同様の雇用契約を結び、派遣の契約期間終了後も派遣会社で仕事を継続する方法です。
  • 紹介予定派遣
    派遣期間の後に派遣先の企業と直接的な雇用契約を結ぶことを前提とした方法です。
4.リファラル採用

あまり聞き慣れない方法ですが、近年とても注目されています。実際に働いている社員に知人を紹介・推薦してもらう方法です。リファラル採用は企業の特徴をよく理解している社員の紹介なので、企業の社風や適性に見合った人材を集めやすい、というメリットがあります。通常の採用と比べてもマッチング率が高く、定着率向上につながりやすいでしょう。また、紹介・推薦という方法を用いることで、低コスト・低価格での採用が可能です。

5.マッチングアプリ

インターネットが普及している今だからこそ、ぜひ活用していただきたい簡単で画期的な採用方法です。必要に応じてピンポイントに、そして低コスト・低価格で求人広告が出せます。マッチング=介護事業者と介護ヘルパーさんのニーズが合致している状態です。対応してほしい業務に納得して働いてもらうことになりますので、定着率の期待も高まります。

【ヘルパーの採用方法】注意点と採用のコツ

人手不足が深刻化しているとはいえ、介護の仕事は簡単な仕事ではありません。採用する側も、誰でも良いというわけではないはずです。自社にとって必要な人材をいかに低価格・低コストで簡単に採用できるかは、求人の出し方や社内の体制づくりによるところかもしれません。

ここでは、採用にあたっての注意点とコツをご紹介します。

【ヘルパーの採用方法】注意点

キューブに記した感嘆符

ヘルパー(訪問介護員)を採用する際の注意点は、以下の通りです。

1.応募条件は緩和されていますか?

ヘルパーとして働くためには、資格や経験が必要と思われがちです。そのため、介護の仕事をしてみたいと思いながら「資格や経験がないから…」とあきらめてしまう人もいます。

即戦力を採用したいと経験者や資格保持者だけを求めていると、なかなか採用につながらないケースも考えられます。未経験OK・アルバイト採用・資格取得支援制度などをアピールしながら、経験者や資格保持者に限らず未経験・無資格者の受け入れも積極的に行ってみてください。

2.働きやすい環境をアピールできていますか?

働く人にとって、柔軟な働き方ができる介護施設は魅力的なため、働きやすい環境をアピールすることで、応募が集まりやすくなります。以下のように、ライフスタイルに合わせられる制度づくりをご検討ください。

  • 夜勤なしOK
  • 短時間勤務OK
  • 自宅近くの勤務地(訪問介護の場合)
  • シフト自己申告制
3.仕事をイメージしやすい資料などは用意していますか?

介護業界が未経験の人は、実際にどんな仕事をするのかといったイメージがつきづらく、応募をためらう人も多いです。1日の仕事の流れや、未経験の状態から転職した先輩スタッフの声などを盛り込んだ資料の作成も有効です。

4.応募しやすい体制は整っていますか?

いきなり面接となると気が引けてしまい、仕事に興味があっても応募につながらない可能性があります。リモート面接OK、職場見学会実施などでハードルを下げることで応募が集まりやすいです。

また、スマートフォンアプリを活用した応募など、現代のトレンドに沿った応募方法の導入も効果的です。低コスト・低価格またはインストール無料のアプリであれば、さらに応募のしやすさが際立ちます。

【ヘルパーの採用方法】成功のコツ

電球の模型を持つ人物

ヘルパーとして良い人材を採用するためには、いくつかのコツがあります。具体的なコツを2つのポイントに分けて見ていきましょう。

1.準備

採用を行う際は、どんな人材であれば自社で活躍してくれるのか、といった分析が必要です。せっかく採用してもすぐに離職してしまった…ということがないように、しっかりと見極めましょう。

準備のコツは主に2つです。

介護業界未経験者の採用を検討する

採用するなら経験者、と考える方が多いですが、経験者にこだわっているとなかなか人が集まりません。未経験でも活躍できるように受け入れ体制を整え、資格取得支援制度を導入するなどしながら積極的に未経験者を採用しましょう。

採用基準の認識をすり合わせる

採用を成功させるために、社内で認識のすり合わせをしておきましょう。採用基準の認識が統一できていないと、人事の一次面接を通過しても経営者での二次面接では不合格となる、という事態が起こりかねません。効率的な採用活動を行うためにも、採用基準の認識を社内で統一しておきましょう。

2.求人の書き方

求人に魅力を感じてもらえないと、応募者が集まりません。ただ情報を羅列したような求人では、具体的にどんな仕事なのか、どんな職場なのかが判断しづらいでしょう。職種名・仕事内容・応募資格・年収例・休暇などは、パッと見ただけでも目に留まりやすいように記載しましょう。

職種名

求職者がまず初めに目にするのが、職種名です。職種名で自分の希望する仕事かどうかを判断します。どんな介護職なのか、自分でもできる職種なのかだけでなく、職種名に働き方や収入などの情報も盛り込みましょう。

仕事内容

具体的な仕事内容を記載するように心がけましょう。仕事内容の書き方を工夫することで、入社後のミスマッチによる離職も予防できるはずです。

応募資格

応募資格をどのように記載するかで、求職者に与える印象は大きく変わります。記載をする際は「経験者・有資格者優遇」というように書かず、「未経験OK」としたうえで、求める経験や資格を記載しておくようにしましょう。

年収例

求職者にとって、年収例はとても重要なチェックポイントです。賞与や各種手当などを記載し、経験〇年で〇〇万円というように、入職後の年収や経験を積むことでアップするのかがわかりやすいように記載することをおすすめします。

休暇

介護職は休日が少ない、労働時間が長いといった点がネックで転職を検討する人も多いです。しっかりと休みがとれるのかを重視する求職者は多いため、長期休暇の日数や有給休暇の消化率などをわかりやすく記載しましょう。独自の特別な休暇などがあれば、合わせて書いておくと効果的です。

自社に合ったヘルパーの採用方法を見つけよう

これからますます人手不足となっていく介護職ですが、安心して働ける施設・事業所には多くの人が集まります。採用にあたってのポイントや注意点・コツを踏まえて、求職者に安心して働ける職場であるとアピールすることが大切です。

さんきゅーヘルパーは、ヘルパーとして働きたい求職者と訪問介護を行う事業所をつなぐ介護ヘルパー求人マッチングアプリです。スマートフォンが生活に欠かせない現代だからこそ、アプリを使った求職者とのマッチングは簡単で効果的です。

スキマ時間を活用して訪問介護員としてアルバイトがしたいという求職者が多く、低コスト・低価格で求めている人材が見つかります。低コスト・低価格であっても、優秀な人材を集められる点が多くの事業所・施設に喜ばれているポイントです。簡単に求人を出したい、低コスト・低価格でアルバイトを集めたいというときには、ぜひさんきゅーヘルパーをご利用ください。

低コスト・低価格のヘルパー採用方法をお探しならさんきゅーヘルパー

社名 Sunny And株式会社
事業所名 SUNNY’S market (事業所番号 1470903798)
代表者 安藤 慎之介
設立 2018年8月8日 会社設立 2019年1月1日 横浜市訪問介護事業開始 横浜市日常生活支援第1号総合事業開始 2020年1月1日 川崎市日常生活支援第1号総合事業開始 2020年1月1日 高齢者専門引っ越し事業開始 2020年1月1日 訪問介護ヘルパー求人マッチングアプリ「さんきゅーヘルパー」リリース
資本金 1,000,000円
会社所在地 〒223-0062 神奈川県横浜市港北区日吉本町2-10-8
TEL/FAX TEL:0120-972-025 FAX:045-620-5836
従業員数 11人
営業時間 月~金 9:00~17:00(サービス提供時間 月~土 8:00~18:00)
事業内容 横浜市指定訪問介護事業 横浜市・川崎市日常生活支援第1号事業 一般乗用旅客自動車運送事業(介護タクシー) 介護保険外便利屋事業 高齢者専門引っ越し事業 介護アプリ事業
サービス提供地域 訪問介護・介護タクシー事業 神奈川県横浜市、川崎市 等 介護ヘルパー求人マッチングアプリ「さんきゅーヘルパー」 全国
協力業者
  • 株式会社ホマレファースト(産業廃棄物処分・総合建築)
  • 株式会社PSパワーズ 横浜本社(引っ越し・リサイクル)
  • ケア輸送サービスあきやま(大型介護タクシー)
主要取引先
  • 各地域ケアプラザ様
  • 居宅支援事業所様
  • 総合病院やクリニックケースワーカー様
  • 市役所、区役所ケースワーカー様
URL https://www.sunny-and.com/

笑顔の明日を想像し、

今日のありがとうを創造する

アクセス

PAGE TOP